くまログ

三次元に興味はない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『地獄の辞典』

プランシーの『地獄の辞典』は過小評価されている。
これはゲティングズの影響が少なからずあると思うが、
ゲティングズ自身もウェイトあたりからの孫引きで
ソースをあたってないところが多々あって、信頼性はどっこいどっこい。
そんなプランシーで最近知って驚いたのは、アクババってトルコ語で
ハゲワシっていう意味の一般名詞じゃねーか!という事実。
http://tr.wikipedia.org/wiki/Akbaba
ま、まあそんなこともあるさw


閑話休題

そんな『地獄の辞典』に関する話が2ちゃんのソロモン72柱スレで出ていたので
コメントしておこう。
まあ、要するに、また巻き添え規制くらったわけだ。ファッ〇ン。
どうでもいいけど、ソロモン72柱って最高に厨2くさいネーミングだよね。
最初に言い出した奴の顔が見てみたい。
毎回言ってるけど。

(1)バエルは剣の達人
そんなこと『地獄の辞典』には書いてない。
手元の床鍋訳ハードカバー版では「戦いには強い」とある。
Google Books の1853年版の対応箇所では"mais il se bat tres-bien."
うまく戦う、といったニュアンスで剣の要素はない。
この記述はヴァイヤーの"insignis certator"の訳であり、これも剣の要素はない。
関係ないが、ヴァイヤーの"formator morum"がプランシーでは無視されている気がする。
訳しにくかったのだろうか?Wiktionaryで引いても文章にしにくい。
これらの戦いに関する記述はスコット版およびゴエティアにはなく、
ゴエティアのソースがスコットであることを示唆している、と個人的に思っている。

で、ソースを探すとWikipediaに剣の達人という旨が『地獄の辞典』の出典の一文に書かれている。
おい、俺は書いてねえ!
出典付きの文章にさらりと潜り込ます巧妙テクニックで、ぱっと見では嘘を書かれても分からない。
これをやられると、執筆者はかなりやる気をなくす。
Wikipediaが真の百科事典に成り得ない理由は、システム的にしようがないところではあるが……

で、「剣の達人 バエル」でググるに、どうも出所は佐藤有文『世界妖怪図鑑』あたりじゃなかろうか。
法律の専門家、という説明もあるが、これは先述の"formator morum"あたりに対応すると思われる。
morum、mos の複数属格
佐藤有文や水木しげるは、まだ床鍋訳も出てない時代に何を参考にしたんだろうねえ……

ちなみにバエルが剣を持てるかという疑問に関しては、蜘蛛の体をくっつけたのはブルトンだろ
という一言で切って捨てられる。

(2)アガレスとザエボス
床鍋訳の『地獄の辞典』にはアガレスは載っていない。
だが、床鍋訳は抄訳であり原典の1/10程度の項目数でしかないことは凡例に書かれている。
原典にはアガレスの項目は存在している。
床鍋訳の元となった版である1863年版の10ページ目だ。ビブリオテークで見られる。
http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k5754923d/f21.image
まったく、いい時代になったものだ……

ところが、床鍋訳にないのを誰かが原典にもないと勘違いしたらしく、どの本だったか忘れたが
アガレスがなくてザエボスが代わりだと書いた奴がいた。
また新紀元社か(偏見)
「地獄の辞典 アガレス」でググると、まあ出るわ出るわ。
もしかすると、英訳の段階で落っこちた版などがあったのかもしれない。
まあ、オレも騙されてて、昔ナイトウィザードの話でディン=ザエスを「オーディン+アガレス」と
分析したときに、アガレス=ザエボスの話しちゃったんだけどね!
だから非難はしない。

ちなみに、ヴァイヤーはZaleosでスコットがSaleos、ゴエティアでSallosになっている。
で、プランシーはZaebos。
筆記体かフラクトゥールのl、e、bあたりがまぎらわしいのであろうね。

※余談:
バエルといえば、『地獄の辞典』にミノソンという項目があり、バエルの配下の悪魔だという。
もちろん、ヴァイヤーにもそんな記述はない。
実は、ミノソンは『グリモリウム・ウェルム』に紹介されている悪魔であり、Haelという悪魔の配下である。
あーあ、所詮プランシーか、と思ったりもしたが、1853年版までの原著を見ると、実はHaelになっている。
では誤訳か?実は違う。1863年版ではBaelに校正されているのだ。
一体、なぜそんなことを……
プランシー、不思議な人である。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/27(土) 11:27:51|
  2. 神話|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クトゥルー神話事典 第四版 (学研M文庫)

いつの間にか第4版が出ていたクトゥルー神話事典。
Wikipediaのアレな人たちも最低これくらいは読んでから語るべきだが……
4版でハームズ参照とか入ってたらやだなぁ

クトゥルー神話事典 第四版 (学研M文庫)クトゥルー神話事典 第四版 (学研M文庫)
(2013/04/09)
東 雅夫

商品詳細を見る
  1. 2013/04/22(月) 00:07:20|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

生存報告

ようやく仕事も落ち着いてきた
そろそろRO復帰するかなw
  1. 2013/04/21(日) 23:47:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

こくま

03 | 2013/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。